ペラサイト 上位表示 コツ

ペラサイトで上位表示させるたった3つのコツを教えます!

point

 

ペラサイトはドメインパワーが弱いので上位表示が難しいと言われます。

 

しかし、ペラサイト戦略で月収100万円を超えている人も少なくありません。

 

では、上位表示させられず全く稼げない人と、上位表示させ大きく稼いでいる人では何が違うのでしょうか?

 

 

これはたった3つの違いが影響しています。

 

ここでは上位表示させるための3つのコツをご紹介いたします。

 

 

 

 

その1:キーワード選定

keyword

 

ペラサイト戦略で最も重要なポイントの一つがキーワード選定です。

 

ここで全てが決まってしまうといっても過言ではないほどです。

 

 

では、上位表示を勝ち取るためのキーワード選定とはどんなものなのでしょうか?

 

 

ニッチなキーワードを狙う

 

ここでは商標キーワードでサイト作成することを条件にお話しいたします。

 

商標とは商品やサービス名のことです。

 

 

例えば、ニキビ用ジェルの「エクラシャルム」のペラサイトを作成するとします。

 

ここでいう商標が「エクラシャルム」になります。

 

 

関連キーワードを狙う

 

商標キーワード1語で上位表示を狙ってもライバルが多すぎてとても上位表示させられるものではありません。

 

 

必ず複合キーワードを狙います。

 

複合キーワードとは「商標+○○」などの2語以上のキーワードのことです。

 

 

・エクラシャルム 口コミ

 

・エクラシャルム 販売店

 

・エクラシャルム 副作用

 

などです。

 

 

ライバルのいないキーワードを探す

 

複合キーワードのなかでライバルのいないキーワードを選んでいきます。

 

ライバルがすでにいる場合は、後からサイトを作っても勝てる確率が少ないです。

 

そもそも勝負してはダメです。

 

 

ライバルと勝負する必要なく上位表示させることを意識しましょう。

 

例えば、「エクラシャルム ○○」というキーワードで検索した時に、1ページ目のタイトルに全てのキーワードが含まれているサイトが3つ以上あったらそのキーワードではサイト作成しないということです。

 

 

3サイト以上ある場合はライバルがすでに存在するということです。

 

ここへ割って入るのは難しいので、別のキーワードを探します。

 

 

成約までの距離感を意識せよ!

 

ライバルのいないキーワードならなんでも良いということではありません。

 

 

例えば、「エクラシャルム 解約」などのネガティブキーワードはライバルがいなく、アクセスを伸ばせてもなかなか成約しません。

 

理由はわかると思います。

 

 

そう、購入意識の高い方がアクセスしてくるわけではないからです。

 

 

最終的に商品を買ってもらったり、サービスに申し込んでもらうことが目標です。

 

このような購買意欲の低いキーワードでサイト作成することはオススメできません。

 

 

その2:SEO

seo

 

SEOと聞くと難しく感じる方もいるかと思いますが、実はそんなことはありません。

 

押さえておくべきことは以下の通りです。

 

タイトルに狙っているキーワードを含んでいるか

 

見出しは整っているか

 

記事の中にキーワードが含まれているか

 

 

気にすべきはこの3つとこの後で説明するコンテンツの内容だけです。

 

 

タイトルにキーワードを含めるとは

 

例えば「エクラシャルム 販売店」で記事を作成するとします。

 

 

その場合、「エクラシャルム 販売店」を含めたタイトルをつけるということです。

 

さらに狙っているキーワードをできるだけ頭の方に持ってくるように意識してください。

 

また、タイトルの文字数は28〜32文字になるようにするのがベストです。

 

 

例:エクラシャルムが最安値の販売店なら初回980円で送料無料!

 

こんな感じです。

 

見出しを整える

 

見出しとはh1、h2、h3タグで表されるものです。

 

本で言えば目次になります。

 

SIRIUSの場合は、狙うキーワードがh1。

 

タイトルがh2

 

記事内の見出しはh3からとなります。

 

 

記事内で言えば、h3→h4→h5という流れで作っていきます。

 

これが、h5→h3→h5→h4なんて形になるとおかしいのはわかりますよね?

 

この見出しを整っていないサイトが意外と多いんです。

 

ここはしっかりと作るようにしてください。

 

 

 

エクラシャルム 販売店 ←h1

 

エクラシャルムが最安値の販売店なら初回980円で送料無料!←h2

 

エクラシャルムが最安値の販売店 ←h3

 

楽天の価格 ←h4

 

 amazonの価格 ←h4

 

公式サイトの価格 ←h4

 

エクラシャルムの口コミ ←h3

 

 悪い口コミ ←h4

 

 良い口コミ ←h4

 

 

このような感じです。

 

綺麗に流れるように読み進めていけるように心がけてください。

 

 

記事中にキーワードを含める

 

記事中や見出しに狙っているキーワードや共起語が含まれているかが重要です。

 

ここはあまり意識しすぎると文章が不自然になりがちなので、意識しすぎるのも良くないですが、気をつける必要はあります。

 

 

自然な文章でキーワードや共起語を含んだ記事が書けるように訓練する癖をつけてください。

 

 

その3:コンテンツ

コンテンツ

 

現在のGoogleではコンテンツを非常に重要視しています。

 

今後さらにこの部分を強化していくでしょう。

 

 

しかし、難しく考える必要はありません。

 

ようは、キーワードに対する答えをしっかりと書いてあげることを意識するだけでOKです。

 

 

「エクラシャルム 販売店」で記事を作成するのであれば、検索ユーザーは何が知りたいのか?

 

ここをしっかりと理解して記事作成するようにしてください。

 

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたか?

 

最近はさらに、キーワードに対する答えを書いてあげることと同時に、関係ないことをあまり書かないことも重要になってきています。

 

文字数が多ければいいという時期もありましたが、今は違います。

 

 

文字数が少なくても、コンテンツが優秀ならしっかり上位表示されます。

 

 

逆に関係ない記事が多い場合は、上位表示されないことが多くなってきています。

 

もし、あなたのサイトがなかなか上位表示されなかったら、コンテンツをみなおしてみてください。

 

 

実際に、余計な記事を削除したら上位表示されることも多くあります。

 

記事を削除するのは勇気がいりますが、その結果が良くても悪くてもあなたの財産になりますから、思い切ってコンテンツを作り直すことにも取り組んでみてくださいね。

 

 

トップへ戻る