SIRIUS WordPress

ペラサイトにはなぜSIRIUSが最適なのか?SIRIUSとWordPressを比較

シリウス

 

サイト作成ソフトといえば、有名なのがSIRIUSとWordPressだともいます。

 

ただし、この二つには相反する大きな違いが存在します。

 

あなたが「どういったサイトを作るか」でどちらを使用するべきか。

 

その違いについてご説明いたします。

 

 

 

 

 

SIRIUSとWordPressを比較してみた!

 

SIRIUS WordPress
本体価格 通常盤18,800円 上位版24,800円 無料
テンプレート(テーマ) 付属テンプレート3種類×10色 無料あり。有料テーマは10,000円〜が多い
レスポンシブ(スマホ対応)

ver1.5からは通常盤・上位版で
全てのテンプレートで共に対応

基本的に対応
サイト HTMLサイト(軽い) ブログ(やや重い)
利用方法

PC(Windows)にインストールして
ローカル上で編集後、サーバーにアップロードする。

サーバーにWordPressをインストールし、
インターネット経由でサーバー上で編集する。

サイト規模(推奨) 最大でも200サイトまでの小規模?中規模サイト 定期的に更新していく大型サイトやブログ
SEO 普通(基本的な対策がなされている) テーマによる(無料のテーマは弱い印象)
設定 とても簡単 やや複雑(初心者は苦労します)
サイトの新規作成

新規作成ボタンからワンクリック!
設定は使い回し可能!

WordPressのインストール、テーマの設定、
初期設定、プラグインの設定が毎回必要

記事の更新 毎回アップロードが必要(面倒) 簡単
デザイン 綺麗(ver1.5以降は特に綺麗になった) テーマによる(無料のテーマは殺風景)
サーバー 無料サーバー可 対応しているサーバーのみ
プラグイン 無し 多数あり
標準機能

テキスト装飾、テキストボックス、ランキング、
5つ星レビュー、ボタン作成機能、吹き出し、
ヘッダー画像作成機能など必要なものが揃っている

ほぼ無し(プラグイン必須)
情報 公式サイトにマニュアルあり 非常に豊富
カスタマイズ性 なし(HTMLやCSSの知識があれば可能) 非常に豊富

 

 

SIRIUSとWordPressのメリット・デメリット

 

SIRIUSのメリット

 

サイトアフィリエイト向き

 

SIRIUSはそもそもサイトアフィリエイトに特化したサイト作成ソフトとして開発されています。

 

プラグインはありませんが最初から様々な機能が備え付けられています。

 

WordPressは何でもできるけど、そもそも何をしたらわからないという方にもオススメです。

 

 

初心者でも簡単。感覚的にサイトが作成できる

 

SIRIUSはマニュアルもしっかりしていて、初心者でも簡単にサイト作成できるように作られています。

 

必要なのは操作方法だけで、HTMLやCSSの知識などは不要です。

 

ヘッダー画像も数百枚用意されていて、とにかくサイト作成速度が早いことが特徴です。

 

見た目も非常に綺麗なサイトが簡単に作成できます。

 

 

サイトの管理や量産が簡単

 

SIRIUSはWordPressとは違い、様々な初期設定が必要なく、設定自体を使い回せるのでとにかく新規サイトの立ち上げが早いです。

 

これはWordPressとは比較にならない速さです。

 

ペラサイトや100記事程度の小規模サイトを量産していく際にはWordPressと比べられないほどのメリットを感じるはずです。

 

さらに、SIRIUSでは1つのソフトで複数のドメインを管理できるので便利です。

 

 

サイト量産が可能

 

ペラサイト実践者などは、数百〜千サイト以上のサイトを量産していく必要があります。

 

これをWordPressで行おうにもWordPressを設置するサーバーのデータベースには条件があります。

 

例としてXサーバーのX10プランなどでは上限が50個です。

 

事実上WordPressでは量産は不可能となります。

 

それに対して、SIRIUSであればサーバーの容量に空きがあるかぎりサイトを量産し続けることが可能です。

 

また、データベースが利用できない無料サーバー(FC2ホームページや忍者ホームページ)でも設置可能。

 

サイトを量産するのであればSIRIUSは必須ツールと言えるでしょう。

 

 

ローカル作業のため軽い

 

SIRIUSはPCにインストールして作業するため軽いです。

 

また、ネット環境がない場所でもサイト作成できるというメリットがあります。

 

ネットへのアクセスはアップロードするときだけでOKです。

 

(WordPressではサーバーに接続が必要なためネット接続は必須)

 

 

SIRIUSのデメリット

 

ソフトが有料である

 

SIRIUSは有料ソフトで、通常盤が18,800円、上位版が24,800円です。

 

これから始めようという方は少し戸惑うかもしれませんが、アフィリエイトで得られる利益やソフトの利便性を考えたら安い初期投資と言えます。

 

買い切りのソフトですが、今でもアップデートされ続けていて、無料でアップデートできるのも魅力です。

 

また、WordPressでも有料のテーマを購入することを考えたら、金額的なデメリットはないと言えるでしょう。

 

 

1つのPC(Windows)でしか利用できない

 

SIRIUSはインストール型のソフトなので、PCとソフトがライセンスで紐付けられています。

 

さらに動作環境もWindowsのみで、Macには対応していません。

 

 

大規模サイトやブログには向いていない

 

SIRIUSでは記事を公開するには、「記事作成→アップロード」の手順が必要です。

 

100ページ規模になってくるとアップロードに時間がかかるため、大規模サイトには向いていません。

 

 

編集権限を付与できない

 

SIRIUSはソフトをPCにインストールして作業する必要があるため、第3者にサイト編集を依頼することができません。

 

そのため、外注やグループでの管理などは実質不可能です。

 

記事だけ外注して、記事の流し込みや装飾はご自身で行う必要があります。

 

 

プラグインがなくカスタムが難しい

 

SIRIUSにはWordPressのようなプラグインがなく、高度なカスタムは難しいでしょう。

 

本格的なサイトにカスタマイズするためにはHTMLやCSSの知識が必要になってきます。

 

 

WordPressのメリット

ワードプレス

 

無料で利用できる

 

レンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得は必要ですが、WordPress自体は無料でインストールできます。

 

安いレンタルサーバーを利用すれば、かなり費用を抑えることもできます。

 

 

更新が楽チン

 

新規サイトの立ち上げまでは、やることが多く大変ですが、1度設定が終わってしまえば後は記事を追加していくだけなので非常に楽です。

 

 

情報が豊富

 

WordPressの情報は検索すればそれこそ無数に出てきます。

 

わからないこともすぐに調べることができます。

 

 

PCや場所を選ばない

 

WordPressはインターネット環境さえ整っていれば、PCや場所を選ばずログインして記事作成ができます。

 

PCに限らず、スマホやタブレットでも作業できるので、ノマドワーカーやブロガーに向いています。

 

 

プラグインが豊富

 

WordPressにはたくさんのプラグインがあり、それらを無料で利用することができます。

 

さらにHTMLやCSSの知識があれば高度なカスタムも可能。

 

あなた好みのサイトに仕上げることもできます。

 

 

編集権限を付与できる

 

WordPressはインターネットを経由してサーバー上で運営するので、第3者に編集権限を与えることができます。

 

そのため組織で編集することもできますし、外注に記事作成を以来することもできます。

 

記事外注するときにはWordPressは非常に便利と言えるでしょう。

 

 

WordPressのデメリット

 

新規サイトの立ち上げが大変

 

WordPressの最大のデメリットがこれです。

 

新規サイトの立ち上げがとにかく面倒で大変!

 

テーマのインストール・テーマの設定・初期設定・プラグインのインストールと設定など、多くの手間がかかります。

 

サイトを量産することには向いていません。

 

 

設置数に上限がある

 

WordPressを設置するにはサーバーにMySQL(データベース)が必要となります。

 

MySQLはサーバーによって設置数に上限があるため、量産には限界があります。

 

サイトを量産するペラサイトでは実質WordPressは使えないということになります。

 

 

ネット環境がないと使えない

 

WordPressはサーバーにログインした状態で使うため、ネット環境がないと使えません。

 

常にログインした状態で作業するため、場合によっては多少重くなることもあります。

 

 

覚えることや調べることが多い

 

SIRIUSと違い情報が一元化されていないため、必要な情報や疑問は自分で調べて解決する必要があります。

 

プラグインは便利ですが、どんなプラグインがあるのか?どんなプラグインをインストールする必要があるのか?設定方法は?非常に難解です。

 

このため、初心者の方にとってはWordPressは敷居が高いと言えます。

 

 

プラグインの導入が必須

 

WordPressは基本機能が少なすぎるため、プラグインのインストールは必須です。

 

一つのサイトに複数のプラグインをインストールして、設定方法を調べて設定していきます。

 

そもそもどんなプラグインが必要なのか?初心者では調べることさえできないでしょう。

 

非常に多くの知識や勉強が必要なので、ここは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

 

実はSIRIUSよりもお金がかかる

 

WordPressには多くの無料テーマが存在します。

 

しかし、デザインやSEOのことを考えると結局有料のテーマを使うことになります。

 

無料のテーマはSIRIUSと比べると、明らかにSEOで不利な印象を受けます。

 

SIRIUSと同等となると、それなりのテーマを購入することになります。

 

1サイトごとに購入する必要のあるテーマなどだと、結局SIRIUSよりもお金が必要になってしまいます。

 

 

ペラサイト・小規模サイトなら断然SIRIUS

 

ペラサイトや小規模サイトなど、サイトの量産が必須な場合には断然SIRIUSが有利です!

 

 

というか、SIRIUSでなければライバルに勝つことは不可能と言っていいでしょう。

 

初期設定が断然早く、サーバー設置型ではないため1,000サイト以上でも量産することが可能です。

 

 

へテムルサーバーなどでしたら、容量が足りなくなるなんてこともありません。

 

ペラサイトで稼いでいくなら必ずSIRIUSを使ってください。

 

 

大規模サイトならWordPress

 

更新頻度が多く記事数の多い大規模サイトや、ブログの運営ならWordPressが良いでしょう。

 

記事を外注化するにもWordPressは向いていますので、初めから大規模サイトに育てていくのならWordPressを使用してください。

 

 

 

必要な費用はほぼ変わらない

 

SIRIUSのデメリットの1つに費用がかかると言いましたが、実際にはWordPressよりも安く済むと思います。

 

SIRIUSは買い切り型で、現在でもアップデートされ続けています。

 

 

アップデートは無料で受けられるので、上位版でも24,800円だけしかかかりません。

 

この程度はアフィリエイトで稼いでいくことを考えたら非常に安い初期投資と言えます。

 

 

最後に

 

 

サイトアフィリエイトはレンタルサーバー・独自ドメイン・SIRIUSがあればあとはほぼ費用がかからずに始めることができるビジネスです。

 

非常に手軽に始められるので、人気も高いですが、稼げずに辞めていく人も多いです。

 

 

やはり正しいアフィリエイト手法を知らなければ、いくらSIRIUSが優れたサイト作成ソフトであっても稼ぐことはできません。

 

 

シリウスを使ったペラサイトで稼ぐ方法はコチラをご覧ください。↓

 

 

>>サイト作成ツールSIRIUSU(シリウス)で稼ぐサイトの作り方を公開!

 

トップへ戻る